POEM*ANDANTE

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠い遠い世界になっても

<<   作成日時 : 2017/11/25 16:39   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

僕の知らないオーディオ
そっと針をおとして
親戚のおじさんは笑う

息を吹き返したように
流れ出した
レコードという中の音楽

お前の好きな
あのミュージシャンも
リスペクトしてたんダゼ

少年のようなまなざしで
親戚のおじさんは笑う

一気に飛び跳ねた僕の両耳

予想外だった音楽の原点
世代はやわらかく結ばれてゆく

窓の向こうには夕暮れ空
何かを語りかけてくる
僕の知らない遠い遠い世界から

沈み続ける太陽
回り続ける音楽
刻まれてゆく夕暮れの色

心地よさと新しさに
包まれながら
世代を超えて僕たちは回る

おとされた今日のさながらに
語りかけてくるのは
夕暮れのリズム

いつくしむものは
いつも何処かに繋がってゆく

この町のこの部屋が
いつか誰も知らない
遠い遠い世界になっても







** MYDEAR 新作紹介欄 掲載 **

   **どうもありがとうございました**




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
eriさん、人生って、過ぎてみれば十年二十年ってあっという間だったとも思え、いつのまにか、子供たちが青春まっただなかで、生きていることの感動をもらいます。
寒い冬の訪れですが、遠い世界でも、それぞれのぬくもりを感じていたいですね。
ふーちゃん
2017/11/26 16:46
ふーちゃんへ

自身がすごした青春の頃を、今、子供たちが謳歌している様子を見ること。まさしく、感動という言葉がぴったりだと思いました。生きているっていうことを二重に感じられるような思いにもなりますね

寒いですが、心は距離など関係なく、思うだけでぬくもりを得られる素敵なもの。お互い、そんなぬくもりを大切にしていけたらいいですね・・・
eri
2017/11/27 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠い遠い世界になっても POEM*ANDANTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる