くぼみ



わたしは
小さなくぼみでしかありません

そんなことを呟く君は
まだ気づいていないのだろうか

かわいた砂けむり立つ道に
降り続けた雨があがって

まだどこにも
行きたくない雨を

受け止めてできた
小さな水のほとりのこと

雨上がりの光の空を
流れるまわたの雲を

誰かのために
そのままに映し続ける
小さな水のほとりのこと

青葉が耐えきれずこぼした
ひとしずくを受け止めて
描いた淡い水の輪のかたち

雨に怯え続けた小鳥の孤独
舞い降りた光のまぎわ
同じ姿を目の前に映し出し

安堵の水鏡をあたえてあげた
小さな水のほとりのこと

それはいったい誰ですか

それはえくぼのような
やわらかな君のほほえみ
雨あがりの小さな道のくぼみ









***  MYDEAR/新作紹介欄 掲載  一部改変  ***

        どうもありがとうございました



"くぼみ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント