春トオガラシ

冬が来れば春も遠くはない

どんなに辛いことがあっても
幸せな日がくるよ

春遠からじ

君が真顔で
僕に伝えようとして噛んだ
春トオガラシ

僕たちの長い真冬の日々は
固くて苦いトオガラシのよう

不得意も嫌なことも
何でも無理矢理飲み込んで
涙目になった日だってある

いつも潤んで見えなった
そこから先
だから春トオガラシ

この春に口にするトオガラシは
きっと苦みよりも
後からくるぬくみでしょう

あんなに辛い峠を乗り越えられた
僕たちの青みでしょう

君が噛んで言ってしまった
春トオガラシ

一律な真顔で言うよりも
ピリリと笑顔を誘った
青い僕たちの春の永遠でしょう










**MYDEAR 新作紹介欄 掲載**
 *どうもありがとうございました*

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック