飛べない背中に

しばらくぶりの雨の音
叩きつけるような雨の音

朝の窓
一気に全開したら
雨宿りの小鳥が飛んでいった

狭い屋根の下
羽を寄せ合いながら
ずっと雨を凌いでいたんだ

何気ないようで奇跡的だよ
生きているって毎日は

直接的でも
間接的でもないんだ

きっともっと
やわらかいもので
僕たちはつながっているんだ

不安な雨の夜も
やがてくる朝も

肩寄せ合いながら
凌ぎ合える

君とならきっと
凌ぎ合える

そんな互いの中の
一番の風の糸
飛べない背中に編んでゆく

突然何があっても翼があれば
さ迷う小鳥のような心
温め合いながら

どこにでも飛んでゆける
編み上げた背中の翼で
迷い続けた日々の向こうまでも











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年06月09日 20:13
eriさん、梅雨入りです・・・。

ときに、編み上げた背中の翼で
どこか遠くへ行ってみたいです・・・・

また、何気ないようで奇跡的だよ
   生きているって毎日は
この文句が気にいっている自分です。毎日毎日が、新鮮でありますように。

2015年06月10日 00:53
ふーちゃんへ

青葉も新鮮な頃になりました。紫陽花の色も綺麗です。
思い出したように穏やかに吹き始める、六月の風がここちよいです。

何気ないことが、ふと、胸にしみてくる六月ですね。
明日も、そんな、ささやかでもやさしい奇跡が、ふーちゃんの前に、たくさん訪れますように・・・。

この記事へのトラックバック