早く君にも見せてあげたい

踏み切りの向こうを
三両編成の電車が行った
まばらな人影を乗せて

銀色の電車は
各駅停車を繰り返しながら
やがて終着駅へと辿りつく

桜の花を
ゆっくりと見つめるなら
鈍行電車がいい

窓の外から降ってくる
さやさやと光る
風の花びら

車内に降りてくる
花びらたちは
座席の上に腰かけて
流れる春を見つめている

踏み切りの
向こう側を越えたら
じんじんと青空が湧いてくる

銀色の春の陽ざしは
まだ届いていない町の
青空の各駅に
桜の便りを届けながら

早く君にも見せてあげたいと
もっと
次へ次へと

衣擦れのような
春の眩しさを
カタンコトンと加速させている




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年04月05日 18:26
eriさん、春の嵐が去って、桜の花びらが舞うなかを走る各駅停車の電車に乗ってみたいです。
ブログ仲間の顔が見えないのが残念ですが、eriさんと夢のなかでもそんな電車に乗ってみたいです。
2012年04月06日 02:32
eriさんの詩を読むと、いつも心があたたかくなります。
2012年04月06日 16:01
銀色の電車、すてき!
銀色の春の日差しの中
さやさや光る風の花びら・・
届くといいですね。
桜の想い・・大好きな君に・・。
2012年04月06日 19:36
ふーちゃんへ

春の嵐はとても怖かったけれど、そのあとに顔を見せてくれたおひさまに、ほっとさせられました。今、こちらでは、桜が満開です。

銀色の風の桜便りの電車。沿線の名前をつけるとしたら、桜前線かな(笑)ふーちゃんのところまで乗っていって、その駅のど真ん中で、一緒に春の万歳三唱してみたいです。
2012年04月06日 19:41
なーさんへ

拙作にお目を通していただき、そしてお優しいコメントをありがとうございます。

なーさんのきれいな色使いの絵や、美しい自然の一コマのフォト。私もいっぱいあたたかい気持ちにさせていただいております。ありがとうございます。

2012年04月06日 19:53
メイさんへ

春の日差しがうれしいこの頃です。もう何年も訪れていませんが、桜が満開になると、停車している電車の中にまで花びらが入ってくる駅があります。駅の両脇にたくさん桜の木があって、桜のトンネルみたいです。とっても綺麗でした。メイさんのお気に入りスポットにも、この大好きな桜の想いを、カタンコトンと、届けてみたいです。

この記事へのトラックバック