POEM*ANDANTE

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の音

<<   作成日時 : 2017/08/28 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

おばあちゃんちのテレビ
映っているのは高校野球

テーブルに置いてくれた
大粒の氷入り麦茶
握りしめながら見る決勝戦

カラカラと響いてきたのは
開けっ放しの窓の向こう
うずまく花壇の風車

庭木の陰の中
微かに揺れるのは
背の高い大きな向日葵の花

夏の太陽は八月の風に咲いたか
一生の思い出の蕾たちは
後悔の微塵もなくしなやかに
眩い金色の花びらを伸ばせたか

画面の向こうから
試合終了のサイレンの音

輪になる歓喜の球児たち
甲子園の土をつかみながら
号泣している球児たち

カランと音を立てた大粒の氷
ガラスコップの雫たちは
ここに留まることを知らない

庭木の幹にはツクツクボウシ
反り返りそうになるくらい
夏の光に叫んでいる

うずまく花壇の風車
ひとつひとつ耳の奥に
しまわれてゆく夏の記憶





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
eriさん、久しぶりです。『夏の音』から、青春の輝きそのものって感じがする、眩しい夏の光を想います。そして、最後のフレーズ うずまく花壇の風車 ひとつひとつ耳の奥に しまわれてゆく夏の記憶 に、どこか哀愁のようなものを感じてしまう自分です。  
ふーちゃん
2017/08/28 10:42
ふーちゃんへ

お久しぶりです。

今日も厳しい暑さの一日でした。夏の音といえば、ガラスコップの麦茶に入れる氷の音が好きな私です。高校野球では吹奏楽部の音や金属バットの快音。定番の蝉の声もいいですね。夏は他の季節以上に音の思い出を感じてしまうのはなぜでしょうね。残りの夏、お互い耳に優しい夏の音を多く感じることができたらうれしいですね。
eri
2017/08/30 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の音 POEM*ANDANTE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる